>

海外の人にも見てもらえるように

簡単な字幕で構わない

視聴者が聞き取れない内容があるかもしれません。
そんな時のために、字幕を追加するのが良いですね。
字幕があれば見やすい動画になります。
しかし字幕を付ける際は、内容を簡潔にまとめることを意識しなければいけません。
長い字幕は、読むのが疲れるので視聴者が飽きてしまいます。
字幕を読むことに集中すると、動画内の動きがを見逃がす恐れがあります。

場面がわかれば良いので、短い文章の字幕を付けてください。
字幕の大きさや、出すタイミング、文字の色も重要です。
目立たせたいなら、赤色やオレンジ色を使うのがおすすめです。
字幕があるとカラフルで、華やかに見せられる面もメリットです。
さらにクオリティーの高い動画になるでしょう。

海外の人に見てもらう

日本語の字幕は、日本人にしか伝わりません。
ターゲットが日本人であるなら、それでも問題ないでしょう。
ですが不特定多数の人に見せるため、サイトに動画を投稿する人が見られます。
動画サイトは、海外の人もたくさん利用しています。
せっかく作るのですから、海外の人にも見てもらいましょう。
そこでおすすめなのは、英語の字幕を付けることです。

すると動画内で日本語を使っていても、海外の視聴者は内容を理解できます。
自分が英語を話すより、英語の字幕を付ける方が簡単です。
文法を間違えないように、調べながら動画を作りましょう。
動画サイトを利用しているのは、日本人より海外の人の方が多いです。
海外の人にも見てもらうことで、一気に再生回数を稼げます。


SHARE!